宝塚 訪問マッサージ おかだ鍼灸整骨院 脳梗塞・パーキンソン病

宝塚 訪問マッサージ おかだ鍼灸整骨院 脳梗塞・パーキンソン病

脳梗塞の後遺症について|宝塚 訪問マッサージ おかだ鍼灸整骨院

投稿日:

 

細くなった脳内の血管に血栓が詰まり血液の供給が滞る脳血管障害の状態が脳梗塞で、脳梗塞を発症すると血液が供給されない部分の脳細胞が壊死するのため最悪の場合は死に至るリスクが潜みますが、医療技術の進歩で脳梗塞が直接死に繋がるケースは減少しています。

 

しかし壊死してしまった脳細胞を回復させることはできないため脳機能が侵され半身麻痺や言語障害、意識障害などの後遺症が残るケースが少なくないため脳梗塞の後遺症と戦う患者様やご家族の数は年々増加する傾向にあると言えます。

 

脳梗塞は動脈硬化が原因となる「アテローム血栓性脳梗塞」、脳深部の非常に細い血管の詰まりが原因となる「ラクナ梗塞」、心臓内で発生した血栓が血管を塞ぐ「心原性脳塞栓」の3つに大別されます。

 

悪玉コレステロールの存在が脳梗塞の発生原因として挙げられますが、高脂血症・高血圧・糖尿病・心臓病などの疾患や肥満・喫煙・飲酒などの生活習慣が脳梗塞の発生に密接に関わっているため生活習慣病としての側面も強く指摘されています。

 

脳梗塞を発症すると

・半身の痺れ

・眩暈やふらつき

・嘔吐

・呂律が回らず話し難い

・モノが二重に見える

・他人の言っていることが理解できにくくなる

などの症状が現れますが、症状の現れ方には個人差があり1つだけの症状が現れるケースも複数の症状が現れるケースが存在します。

 

また症状が一過性で収まるケースもありますが時間の経過と共にさらに深刻な症状が現れるので、既述の症状が現れた場合は医療機関でCT・MRI・MRAなどを使用した精密検査を受け専門医の診断を受けることが非常に重要だと言えます。

 

脳梗塞のリハビリ

脳神経障害の1つである脳梗塞を発症し、壊死してしまった脳細胞が司る機能が失われてしまうと治療後も後遺症として残ってしまいますし、治療中に大きく低下した身体機能の機能回復や脳梗塞の再発リスクを低下させるためにもリハビリが重要となります。

 

脳梗塞は発症から約1ヶ月間を指す急性期・治療後に症状が安定する回復期・発症から6ヶ月以降の維持期の3つの期間に分けられ、リハビリは回復期や維持期に行うイメージを持ちがちですが実際には全ての期間でリハビリを行う必要があります。

 

発症から約1ヶ月間を指す急性期は床ずれ防止体位交換や手足の関節を動かして関節硬化防止のリハビリを行い、症状が安定し起きられるようになれば、

1. ベッドの上に座る

2. 座れるようになればベッドサイドに立つ

3. 杖や歩行器、手すりを利用して歩く

などのリハビリを行います。急性期のリハビリは寝たきりになることや身体機能の低下を防止するために行うリハビリですので、焦らずにゆっくりと気持ちに余裕をもって取り組むべきリハビリだと捉えることをおすすめします。

 

治療後に症状が安定する回復期に入るとリハビリ病棟への移動や軽度の脳梗塞の場合は自宅療養に移るケースもあり、自力で日常生活を送れるように回復することを目的としたリハビリを開始します。

 

脳梗塞の治療を行った医療施設にリハビリ病棟がない場合はリハビリ専門施設などで理学療法士や作業療法士のサポートやマッサージやストレッチを織り交ぜながら歩行訓練やコミュニケーション訓練、湯舟のヘリをまたいで浴槽に入る入浴訓練などさまざまなリハビリを行い身体機能の回復を行います。

 

リハビリはさまざまな器具を使いながら機能回復を行いますがリハビリで回復した機能を脳に定着させる必要があり、負荷をかけたり運動範囲を広げるなどの変化を与えながら回復させる運動を繰り返します。

 

麻痺部分は筋肉や関節の硬化が見られるのでリハビリの運動中に痛みを伴うものもありますが、機能回復運動を繰り返し行い脳に定着することで脳梗塞の後遺症を大きく軽減さっせることが期待できます。

 

現在の医療保険制度では、脳梗塞の発症から最大6ヶ月(180日間)は健康保険適用でリハビリで機能回復を行えますが、6ヶ月が経過すると保険適用外となりますので発症から6ヶ月以内に機能回復できるようにリハビリに取り組む必要があります。

 

発症から6ヶ月以降の維持期は自宅療養をしながらリハビリを行い徐々に日常生活を取り戻して行きますが、発症前のように自由に体を動かすことが難しくなることや脳梗塞の再発リスクの存在、周りのご家族に負担をかけているのではないかという負い目ななど患者様が非常に大きなストレスを感じるケースは珍しくありません。

 

またリハビリで思うような効果が得られないと感じてしまいリハビリを放棄してしまうとせっかく回復した身体機能が再び低下してしまいますので、回復した機能を維持させるためにも積極的に体を動かす必要があります。

 

そこでおすすめしたいのが鍼灸整骨院で施術する鍼灸治療やマッサージなどの手技療法で、体を動かす目的やストレス解消効果が大きく期待できます。

 

脳梗塞のリハビリ時に鍼灸院整骨院を利用すればリハビリ効果が向上する

 

鍼灸師が施術する鍼灸治療は脳梗塞などの脳血管障害に有効なリハビリとして、WHO(世界保健機関)からも効果が認められている治療法で、柔道整体師が施術するマッサージは筋肉硬化や関節硬化の改善効果が高い治療法です。

 

脳梗塞などの脳血管障害の治療は鍼灸治療の得意分野である神経障害治療であることや、鍼灸治療による刺激が脳を覚醒させ回復した機能を脳に定着させる効果を向上させることなどがWHOに評価されていると考えられます。

 

脳梗塞によって引き起こされる身体機能低下は、脳と患部を繋ぐ神経障害が原因となっているので、鍼灸治療で直接神経の繋がりを刺激し活性化することで脳へ強い刺激を与えることに繋がり身体機能を取り戻すことを促す効果があると言えます。

 

リハビリで機能回復を開始するのと共に鍼灸治療を併用することで、リハビリで得られる機能回復の速度を加速させられる可能性が高くなりますし、脳への機能定着も繰り返しのリハビリと鍼灸治療やマッサージなどの手技療法を受けることで機能定着促進が期待できます。

 

同意書で脳梗塞治療を行っている担当医の同意が得られれば医療機関での治療やリハビリと共に鍼灸治療院の鍼灸治療やマッサージなどの手技療法や電気・光線・温熱・冷却などを利用した物理療法、運動療法なども保険治療で利用することが可能ですのでおかだ鍼灸整骨院にご相談ください。

 

おかだ鍼灸整骨院は鍼灸師と柔道整体師の国家資格を持ち豊富な知識と経験、高い施術技術を持つ専門家が患者様に寄り添いながら丁寧な施術を行っている鍼灸接骨の専門家チームです。

 

おかだ鍼灸整骨院の鍼灸治療や整骨治療は直接のご来院頂ければご利用いただけます宝塚・川西・伊丹・尼崎・西宮エリアにお住まいの方であれば、ご連絡頂ければ専門家がご自宅や医療機関に訪問し施術する訪問施術も行っています。

 

ご来院が困難なケースや「リラックスした状態で鍼灸整骨院の治療を受けたい」とお考えのケースなどもご相談頂ければ理想的な環境で訪問治療をご利用できるようご提案いたしますのでお気軽におかだ鍼灸整骨院にお声掛けください。

-健康コラム

Copyright© 宝塚 訪問マッサージ おかだ鍼灸整骨院 脳梗塞・パーキンソン病 , 2020 All Rights Reserved.