宝塚 訪問マッサージ おかだ鍼灸整骨院 脳梗塞・パーキンソン病

宝塚 訪問マッサージ おかだ鍼灸整骨院 脳梗塞・パーキンソン病

変形性脊椎症の訪問鍼灸・マッサージ/宝塚市訪問専門『おかだ鍼灸整骨院』

更新日:

変形性脊椎症とは

歩行や走行などで発生する足からの振動は足首や膝で和らげられ、脊椎の前後にS字状に湾曲した形状や脊椎を構成する椎体の間の椎間板がクッションの役割を果たすことで、頭部に影響を及ぼさないようになっています。

クッションの役割を果たしている椎間板は伸縮することで、脊椎の柔軟な動きを実現する働きも行います。脊椎板が加齢と共に弾力を失い圧迫によって薄く平らになることで徐々に緩衝機能や脊椎のコントロール機能が低下すると、脊椎の異常な動きを制御するために脊椎に骨棘(こつきょく)と呼ばれるトゲ状の骨が形成されます。

変形性脊椎症は一般的に高齢者が発症するもので、50代を過ぎれば多くの人の脊椎で骨棘の生成が見られますが、生成された骨棘の影響で脊椎が大きく変形したものが変形性脊椎症と呼ばれます。

加齢によって多くの方が発症することや軽度の場合は特別な症状がないケースもあることから、変形性脊椎症を老化現象の1つだと捉え「やみくもに恐れる病気ではない」という見方もあります。しかし発症部位によっては、変形性脊椎症が脊柱管狭窄症や神経根症状の発症因子となる可能性もあるので看過すべきものではないと考えられます。

変形性脊椎症の症状と注意する点

骨棘の形成初期には自覚症状がないケースも少なくありませんが、変形性脊椎症に進行すると体を反り返らせる動きが困難になったり、脊椎に疲労感を感じるようになります。

また起床や長時間のデスクワークの際に体がこわばったり、体を動かすと痛みを感じる症状もあるものの、体を動かし続けると痛みが消えてしまうのが変形性脊椎症の特徴だと言えます。

変形性脊椎症の発症部位は頸椎・胸椎・腰椎の3つに大別され、発症部位によって次のような症状を発症します。

・頸椎の変形性脊椎症
頸椎で変形性脊椎症が発症すると頸部痛や可動範囲の制限、頸部筋の緊張(コリ)などが自覚症状として現れます。また腕の痛みや脱力感などの知覚異常を発生するケースも確認されています。症状が進行すると歩行障害や膀胱・直腸に影響する排泄障害に発展する可能性もあります。

・胸椎の変形性脊椎症
胸椎で変形性脊椎症が発症すると背部痛やしびれ感などの自覚症状が現れます。しかし頸椎や腰椎に発症する変形性脊椎症よりも症状が穏やかなケースが多く、発症を自覚しないケースが少なくありません。

・腰椎の変形性脊椎症
変形性脊椎症の中で最も症状が現れやすいのが腰椎です。腰痛や可動範囲の制限、足の痛みや筋力低下、知覚障害などの自覚症状が現れます。症状が進行すると腰部脊柱管狭窄を発症し様々な二次障害の発生に繋がる可能性があります。

深刻な二次障害を併発する呼び水となる可能性があることが、変形性脊椎症の症状そのものよりも、注意するべきだと言えるでしょう。

 

変形性脊椎症のリハビリ

変形性脊椎症を発症していても症状が認められない場合は、特に治療を要するものではありません。しかし脊椎の動きをサポートする筋力の低下と共に、骨棘の生成が進行するので背筋やインナーマッスルを強化させるトレーニングを行うことが重要だと考えられています。

頚部痛・背部痛・腰痛の症状が表れる場合は鎮痛消炎やコリをほぐす筋弛緩のある医薬品投与が行われ、臥位で安静状態による対症療法が行われます。変形性脊椎症の治療は保存療法が基本ですが保存療法の効果が認められない場合は外科的処置を施すケースもあります。

保存療法・手術療法共に処置後はコルセットなどの固定装具の着用をはじめとするリハビリが変形性脊椎症の治療では大きなウェイトを占めていると言えます。変形性脊椎症は椎間板による脊椎可動範囲のコントロール機能が低下し発症しますから、背筋やインナーマッスルの筋力向上を目的としたリハビリを行うことが必要となります。

また患部の傷みを和らげるために、リハビリの際には体を温めマッサージを行うなど筋肉をほぐすことも重要です。

 

変形性脊椎症の鍼灸マッサージ

変形性脊椎症のリハビリを行おうにも頚部痛・背部痛・腰痛などの症状が現れると、痛みでリハビリを行うことも困難となってしまいます。そこで医療施設ではペインコントロールとして鎮痛消炎効果や筋弛緩効果のある医薬品の投与を行います。

医薬品は即効性があるものの同時に副作用のリスクを孕んだものであることから、強力な医薬品に抵抗感を持つ人も少なくないのではないでしょうか?鍼灸院で施術される鍼灸治療では、知覚神経を刺激することで鎮痛効果を導き出しますので医薬品に頼ることなく鎮痛を行うことができます。

また体を温め血行を促し筋肉のコリをほぐすことがリハビリ効率の向上に繋がりますので、鍼灸治療やマッサージの施術はリハビリ効率向上のためにも効果的だと考えられます。

変形性脊椎症の症状が進行し痺れや麻痺を発症している場合のリハビリにも、麻痺部分と神経に直接的に刺激を与える鍼灸治療は有効ですので、リハビリと鍼灸治療を同時進行させることはリハビリを確実に結果に繋げる効果があると言われています。

おかだ鍼灸整骨院では積極的に変形性脊椎症に対する鍼灸治療を行っています。宝塚・川西・伊丹エリアなら変形性脊椎症ケアのエキスパートが自宅や施設への訪問治療を提供し鍼灸治療を行います。

おかだ鍼灸整骨院
住所:兵庫県宝塚市売布東の町11-5
電話:0797(20)6756
受付時間:09:00〜12:00(月〜土)、15:00〜22:00(月〜水・金・土)
休診日:木曜日の午後と日曜日
アクセス:阪急宝塚線(売布神社駅下車、徒歩約5分)・阪急宝塚線(中山観音駅下車、徒歩約8分)・JR福知山線(中山駅下車、徒歩約11分)
公式サイト:https://okada-homon.com/

-健康コラム
-, , ,

Copyright© 宝塚 訪問マッサージ おかだ鍼灸整骨院 脳梗塞・パーキンソン病 , 2020 All Rights Reserved.